Golf Holic

ANAにモノ申す

お陰さまで今の会社では出張の際にビジネスクラスを利用させてもらっている。
今回も前回同様行きはANAの直行便。帰りはムンバイ⇒シンガポールをJet Airways,シンガポール⇒羽田がANA。
Jet Airways はインドの航空会社で、機材も食事もサービスもそれはそれは満足いくものだった。
ナイトフライトだけど、飲み物を持って常に廻っているし、映画を見て起きている客には出来立てポップコーンのサービスがあるらしい。フルフラットでベッド仕様になるので私はいつも寝てしまうけど。熟睡できるので、このまま東京に運んで~と思う。5時間弱乗り、朝早くシンガポールに着き、少し仮眠し、アロママッサージ、グッドウッドパークで美味しい中華を食べ、買い物をし、22時のANAのフライトに搭乗。

他のエアライン同様優先搭乗があるけど、その人数の多いこと。単にファースト、ビジネスクラスの客が多いことが容易に想像できる。機内に入ってビックリする。ビジネスクラスの座席がやたら多い。シンガポール線はビジネス客が多いのだろうけど、座席の配列は2-3-2。私の席は2列の方の通路側だったけど、夫婦で離れてしまった人に替ってくれと言われて、3列の通路側に変更・・・替る席は窓側ですからと言われて替ったのに騙された・・・

その時点でかなりイライラ。3列席はほぼ隙間がなくびっしり並んでいるので広めのエコノミーか?と思うくらい。
席に着くとすぐにメニューが配られ、寝る前に軽食を取るか、朝食にするかをシートに書けという。これにもビックリ。ふつうはCAが一人一人に希望を聞いてそれをメモするのに、客に書けなんて考えられない。ペンをしまってたら出さなきゃいけないし、もたもたしてる客には催促。「早めに出していただけますか?」

私は耳を疑った。自分たちが楽をしようと考えだしたシステムを客に押し付け、それが遅いと早く出せなんてあり得ない。ウェルカムドリンクもなく、ペットボトルの水を配るだけ。
私はLCCに乗ったのか??そんな感じに思えて仕方なかった。

私は朝食を希望してシートを渡したけど、後で機内アナウンスにて、「朝食は羽田到着2時間前の
午前3時頃お配りします。」と聞こえてきた。ひぇ~!3時に朝ご飯なんて誰が食べたいねん!

これもおかしい。Jet Airwaysではぎりぎりまで機内の電気はつかない。ANAほどビジネスのシートもないので、ぎりぎりでもサービスは完了できる。

全てがANAの都合で動いている。当然CAを読んで軽食に変更。そして起きている客には、リクエストされない限り水しか配らない。なのに免税品のセールスはしつこいくらいまわる。

他のエアラインに乗って勉強できる機会を彼女たちは与えられているのだろうか。自分たちのサービスが一番だなんて思ってないことを切に願う。
[PR]
by shok440 | 2011-02-20 15:21 | Complaint
<< やってしまった・・・ 本当の豊かさ >>



No Golf, No life...
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
タグ
検索
ブログパーツ
My Links
ライフログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧